読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ健康になります

もう一生、治らないと諦めていた病気が完治しそうになってきた。パニック障害、うつ病、毒親(毒姉)育ち、きな子の過去とこれからの事を綴る。

漢方薬局へ予約する

前回、半夏厚朴湯を飲みはじめた時の事を記事にしました。

kinako2017o.hatenablog.com

 今回は漢方薬局へ予約するとこまでを記事にしたいと思います。

 

半夏厚朴湯は自分の判断で購入して飲んだだけで、もしかしたら、もっと自分に合う漢方薬ってあるのかな?
そんな疑問から、ネットで漢方に詳しい病院の先生を探そうって思い、探しはじめました。
すると、近所に漢方薬局がありました。

早速、電話して予約したいと言いました。すると、予約がいっぱいで早くて1ヶ月後だと言う事でした。
それでokですーって事で、予約を取りました。
初めて行く日までに問診票を書いて来て下さいとの事でしたので、問診票を貰いに行きました。

 

問診票の枚数めっちゃありました‼︎
何枚あったのか覚えてないけど、「あー、面倒くさーい」って思ってしまった…。本当にごめんなさいと言いたいです。
主な症状や、病歴だったり、チェックシートに自分に当てはまる項目へチェックをしたりとか…。
なんか、もう、いっぱいありました。

 

そのチェックシートを見た時のこと。
私は、うん?って思う事があって。
「四又、体が重だるい」みたく書いてある項目をみて、あっ、私はずっと体が重たい状態で生きていたんだ…。
この状態はやっぱり異常な状態だったんだと気付きました。
半夏厚朴湯で体が少し軽くなっていたから気付きました。


私は、周りの人達が何であんなにキビキビ動けるのか不思議に思っていたんです。
私は、この体が重たい状態でしか生きていなかったので、みんなこの状態で、しんどいのに頑張っているんだとか、私は根性がないんだとか、気の持ちようとか、そんな風に思っていました。
だって、「しんどい」って言うと、親も友達も「みんな何かしらしんどいけど頑張っている」とか、「そんなことは気の持ちよう」みたいな事を言うでしょ?
だから、そうなんだと思っていました。

今まで、面倒くさがりとか、だらしないとか、親、友達、障害者施設の職員や通院していた精神科のケースワーカーとかに結構、嫌な事を沢山、言われてきました。

 

あのね、あんた達に私のこの症状が分かりますか?
あんた達に私と同じ症状があったら普通に働けますか?
遊べますか?普通に生活が出来ますか?

 

これは、気の持ちようではない‼︎

 

健康的な人の「しんどい」と、私達の様な病気を抱えてる人達の「しんどい」とは「レベルが違う‼︎

 

あっ、途中から愚痴になった(;´д`)
ホントにいろいろあって・・・
あっ、でも詐病の人もいると思う・・・中にはね・・・

 

まぁ、そんなこんなで漢方薬局の予約の日まで、半夏厚朴湯を毎日飲んで、毎日、お散歩して体を動かして、しっかりご飯を食べて1ヶ月、待ちました。


つづく

 

漢方薬は、漢方薬に詳しい先生に診てもらい、自分の体質に合った物を処方してもらう事をお勧めします。
このブログに書いてある事は、きな子の場合であり、漢方薬の効き目は、人それぞれ違います。

 

きな子はこんな人です⇩

kinako2017o.hatenablog.com

つづきはこちら⇩

kinako2017o.hatenablog.com

 

 

半夏厚朴湯と言う漢方薬を飲む

2015年12月、初めて半夏厚朴湯と言う漢方薬を飲みはじめた時の事です。

 

パニック障害をどうにかしたいと言うより、喉の異物感(ヒステリー球、東洋医学では梅核気(ばいかくき)と言います)がどうにか無くなってほしいなって思って、何となく半夏厚朴湯を購入してみました。
漢方薬なんて気休めな感じなのかなって思っていて、この時は効くなんて全く思っていませんでした。

 

購入したその日に飲んでみました。
その日の終わりに「あれ?今日なんか元気だなー」「うん?なんでかな?もしかして漢方薬?」そんな程度でした。
初めは、漢方薬って高いしって思って朝しか飲んでいなかったです。

 

喉の異物感は、10年くらい前からあって、まともに食事した日って、ほぼありません。
精神科でドグマチールを処方してもらい、食欲を出し食べていた時もありましたが、私は副作用で乳汁が出てしまう人なので、どうしても外食をしなくてはいけない時に、2週間前から飲んで食欲出していたって感じでした。

 

外食が出来ないのも、喉に異物があるのも精神的なものなんだとずーっと思っていました。
対人恐怖があるからだーって。

 

半夏厚朴湯を飲みはじめて、1週間以内に私は外食をしました。
ビックリです‼︎
めちゃくちゃ怖かったですけどね。
喉がスッキリしていて、今までの症状が本当に嘘みたいで、言葉にならないくらいの喜びでした。

 

2016年になって、通院している精神科の先生に「これ飲んだら体調がいいみたいなので、自立支援で処方できるなら処方してほしいです」とお願いして、処方して頂きました。

 

・喉の異物感の他に、体が軽くなってきたり、家で寝たきり状態だった私が自炊したり、掃除したり、散歩に出掛けたり…。
この時、2月とか3月でまだ寒い季節だったけど以前の寒さと違っていました。
体の中が暖かく感じていました。
冷え性も良くなってきたんだなって思いました。
あと、子供の頃からあり得ないくらいの猫背でしたが、それも良くなりました。
はじめは、歩いてると「あれ?私、背が伸びた?うん?いつもと見えてる高さが違うな…」って感じで、完全に身長が伸びたんだと勘違いしてました。笑
これはね、つい最近まで慣れなくて…。
厚底の靴をずっと履いてる感じでたまに怖いくらいでした。
最近、やっと違和感なくなりました。笑
でも、一回は身長を測っておきたいな。
内科とか行けば測れるかな?
身長伸びてたらビックリだ。笑


・メンタル面も変わりました。
物事をゆっくりと考える事が出来るようになっていきました。
時間が、ゆーっくり流れている感じがしました。
たまに鬱状態になっても以前より復活が早くなって行きました。
変なこだわりが無くなりました。

 

もう、いい事だらけで散歩中でもニヤニヤしてしまいそうでしたが、怪しい人だと思われたくないから、そこはグッとこらえました。笑

 

これが、2015年12月から2016年4月くらいまでの出来事です。
4月からは、初めて漢方薬局へ通います。
今現在も通っていて毎朝、漢方薬を煎じて飲んでいます。
漢方の先生から、自分の身体がどうなっているのか本当に丁寧に教えて頂きました。
漢方薬局へ通いはじめた時の事はまた別に記事を書こうと思っています。

 

漢方薬は、漢方薬に詳しい先生に診てもらい、自分の体質に合った物を処方してもらう事をお勧めします。
このブログに書いてある事は、きな子の場合であり、漢方薬の効き目は、人それぞれ違います。

 

きな子はこんな人です⇩

kinako2017o.hatenablog.com

 つづきはこちら⇩

kinako2017o.hatenablog.com

 

 

自己紹介

はじめまして、きな子です。 

 

きな子の事をサラッと紹介したいと思います。


大阪在住の30代後半です。
毒親、毒姉のいる家に産まれました。
父が夜中にお酒を飲んで暴れていたり、小学校の6年間の間だけでも6回引っ越ししていて、6回転校したり。
その後も引っ越しはしていて、全部で何回、引っ越しをしたのかは覚えていません。
もう地元がどこか分かりません・・・。
母と姉からは心理的虐待を受けていました。(姉からは暴力もあり)

 

24歳の時、毎日、最低でも2回はやってくる過呼吸に耐えられなくなり心療内科へ。
パニック障害うつ病と診断されました。
精神薬への依存がはじまる。


今思えば小学生の時からパニック障害だったと思います。
過呼吸や、予期不安、広場恐怖がありました。

 

20歳の時に母から「来月から一人暮らししてくれる?」の言葉から、一人暮らし。

1度、結婚したけど離婚。
子供はいません。


離婚してから、また一人暮らし。頑張って仕事してましたが、家ではほぼ寝たきり。
体が重く動けなくて、何をするのもしんどかった。
3年ほど前に限界を感じ、無職へ。

 

自助グループへ参加してみたり、障害者施設へ通所してみたり。
何も変わらないし、どんどんしんどくなっていってる様な気がしていた。
今思えば、よく生きていたなって感じです。

 

10年くらい前から、喉に異物を感じていて、外食しようとすると吐きそうになるし、家でもあまり食べていなくて、水分だけで生きていた。
水分と言うか、お酒。
ちゃんと、耳鼻科で検査をして貰っていますが、異常なし。

 

2015年の年末に半夏厚朴湯と言う漢方薬を購入してみる。
飲んだその日に「あれ?今日なんか元気だなー」って感じから、喉の異物感も無くなり外食が出来たり、徐々に元気になっていきました。
2016年4月、近所で漢方薬局を発見したので、行って見ることに。
この時から、煎じ薬になり、さらに元気になっていきました。
私は健康な状態を知らないまま生きていたんだと気付かされました。
煎じ薬は、今も毎朝、煎じて飲んでいます。
漢方薬を飲みはじめて、精神薬をマイペースに減薬していき、2016年11月1日、精神薬を断薬しました。
パニック障害の症状は、今はほとんどありません。
あっ、でもしょちゅう体調は崩します。風邪ひいたり。
まだまだ、体質改善の為に漢方薬は続きます。


そんな、きな子の日々の出来事、日記や好きなこと。
過去の出来事。(自分の心の中を整理したい)
まぁ、いろんな事を綴っていけたらいいなと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

 

こんな変な奴もいるんだなーって感じで読んで頂けると嬉しいです。

 

こんなの書いてます⇩

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com