読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ健康になります

もう一生、治らないと諦めていた病気が完治しそうになってきた。パニック障害、うつ病、毒親(毒姉)育ち、きな子の過去とこれからの事を綴る。

半夏厚朴湯と言う漢方薬を飲む

2015年12月、初めて半夏厚朴湯と言う漢方薬を飲みはじめた時の事です。

 

パニック障害をどうにかしたいと言うより、喉の異物感(ヒステリー球、東洋医学では梅核気(ばいかくき)と言います)がどうにか無くなってほしいなって思って、何となく半夏厚朴湯を購入してみました。
漢方薬なんて気休めな感じなのかなって思っていて、この時は効くなんて全く思っていませんでした。

 

購入したその日に飲んでみました。
その日の終わりに「あれ?今日なんか元気だなー」「うん?なんでかな?もしかして漢方薬?」そんな程度でした。
初めは、漢方薬って高いしって思って朝しか飲んでいなかったです。

 

喉の異物感は、10年くらい前からあって、まともに食事した日って、ほぼありません。
精神科でドグマチールを処方してもらい、食欲を出し食べていた時もありましたが、私は副作用で乳汁が出てしまう人なので、どうしても外食をしなくてはいけない時に、2週間前から飲んで食欲出していたって感じでした。

 

外食が出来ないのも、喉に異物があるのも精神的なものなんだとずーっと思っていました。
対人恐怖があるからだーって。

 

半夏厚朴湯を飲みはじめて、1週間以内に私は外食をしました。
ビックリです‼︎
めちゃくちゃ怖かったですけどね。
喉がスッキリしていて、今までの症状が本当に嘘みたいで、言葉にならないくらいの喜びでした。

 

2016年になって、通院している精神科の先生に「これ飲んだら体調がいいみたいなので、自立支援で処方できるなら処方してほしいです」とお願いして、処方して頂きました。

 

・喉の異物感の他に、体が軽くなってきたり、家で寝たきり状態だった私が自炊したり、掃除したり、散歩に出掛けたり…。
この時、2月とか3月でまだ寒い季節だったけど以前の寒さと違っていました。
体の中が暖かく感じていました。
冷え性も良くなってきたんだなって思いました。
あと、子供の頃からあり得ないくらいの猫背でしたが、それも良くなりました。
はじめは、歩いてると「あれ?私、背が伸びた?うん?いつもと見えてる高さが違うな…」って感じで、完全に身長が伸びたんだと勘違いしてました。笑
これはね、つい最近まで慣れなくて…。
厚底の靴をずっと履いてる感じでたまに怖いくらいでした。
最近、やっと違和感なくなりました。笑
でも、一回は身長を測っておきたいな。
内科とか行けば測れるかな?
身長伸びてたらビックリだ。笑


・メンタル面も変わりました。
物事をゆっくりと考える事が出来るようになっていきました。
時間が、ゆーっくり流れている感じがしました。
たまに鬱状態になっても以前より復活が早くなって行きました。
変なこだわりが無くなりました。

 

もう、いい事だらけで散歩中でもニヤニヤしてしまいそうでしたが、怪しい人だと思われたくないから、そこはグッとこらえました。笑

 

これが、2015年12月から2016年4月くらいまでの出来事です。
4月からは、初めて漢方薬局へ通います。
今現在も通っていて毎朝、漢方薬を煎じて飲んでいます。
漢方の先生から、自分の身体がどうなっているのか本当に丁寧に教えて頂きました。
漢方薬局へ通いはじめた時の事はまた別に記事を書こうと思っています。

 

漢方薬は、漢方薬に詳しい先生に診てもらい、自分の体質に合った物を処方してもらう事をお勧めします。
このブログに書いてある事は、きな子の場合であり、漢方薬の効き目は、人それぞれ違います。

 

きな子はこんな人です⇩

kinako2017o.hatenablog.com

 つづきはこちら⇩

kinako2017o.hatenablog.com