読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ健康になります

もう一生、治らないと諦めていた病気が完治しそうになってきた。パニック障害、うつ病、毒親(毒姉)育ち、きな子の過去とこれからの事を綴る。

減薬 断薬 離脱症状のことなど

お久しぶりになってしまいました。
きな子です。

Twitterではお伝えしましたが、先日、フリーライターかこさんのブログに私の体験談を載せて頂きました。
沢山の方が、いいねやコメントなどで反応してくださって嬉しく思います。
本当に有り難うございました。

かこさんのブログを知らない方、精神科?ベンゾ?さっぱり分からないっていう方もいらっしゃると思います。お暇な時にでも読んでみてほしいなって思います。
これが日本で起きている事なんですよ!!
精神薬なんて自分には関係ない!!とか、嫌なら通院やめたらいいだけの話じゃん!!みたく思ってる方もいらっしゃると思いますが、こう言う薬は心療内科や精神科だけではなく、普通に内科などでも処方され、そこから依存し大変な事になる人もいます。
内容は、衝撃的な内容もありますので、読んでいて体調が悪いと思ったら、一旦、読むのをやめてほしいと思います。ゆっくりと読んでみてほしいと思います。

かこさんのブログはこちら⇩私の体験談です。

ameblo.jp

ameblo.jp

昨年、かこさんへメールを送ったことがきっかけで体験談を載せて頂く事になった訳ですが、かこさんのブログを読んでいた頃はまだ寝たきり状態で、お布団の中から読んで泣いていました。
この頃は、一生、精神科へ通院して薬を飲み続けると思っていました。
薬はやめた方がいいと頭の中では思っていましたが、減薬、断薬なんて私には出来る訳がないと思っていました。

そんな私が、漢方薬の力を借りながら減薬、断薬できたことをかこさんにメールしてみようと思ったきっかけは、⇩確かこちらの記事を読んでだったと思います。

ameblo.jp


私も、病気中の薬を飲んでいる時は、視野が狭く、人に自分の話をひたすらして聞いてもらい、いいアドバイスなど聞いてもスルー状態・・・。
ダメな事ばかりが頭の中でグルグルしていました・・・。
「私は他の人より酷い状態なんだ・・・」みたいな。

今回かこさんのブログへ私の体験談を載せてもらいましたが、いい部分はスルーしていたり、良くなったとか、乗り越えたなどの話しなんて聞きたくないとか、ウザイとか思っている人は中にはいると思っています。
実際、私もTwitterで、質問されたり絡まれたりした事がありますが、気を使って言葉を選んでいるつもりなんですが、その部分は完全にスルーです。
えーーと、じゃあ何て言えばいいの?って感じになるんですよね。
全ての文字をちゃんと読んで、一旦、落ち着いてくれよってなりますが、まぁしょうがないって思っています。
自分もそうだったし・・・。

まぁ、うぜーって思っている方もいらっしゃるとは思いますが、断薬できて元気になった人もここに居ますよーって感じで・・・。

私の場合は、たまたま漢方で良くなっただけなので、自分の知ってる情報をお伝えすることしか出来ませんが、何かしら誰かの役に立てたらいいなと思っています。



かこさんのブログでは、減薬、断薬、離脱症状などの記事が多いので、少し私の考えを書いてみたいなと思います。

減薬、断薬、離脱症状については、私の考えでは、全ての人に離脱症状があるとは思っていません。
心療内科や精神科は、最近、処方する薬の数が決まったと思うのですが、そのタイミングで知り合いがゴッソリと薬を減らされました。
その知り合いは、薬をやめないといけないとか、離脱症状の事も知らない感じです。
「そんなに薬を減らされて、身体はしんどくなかったの?」って聞きましたが、大丈夫みたいです。
朝が起きられる様になり、以前より外に出る事も出来る様になり、だいぶふっくらしてる方だったのですが、健康的に痩せていました。
その知り合いの、精神科での診断は統合失調症です。(私は統合失調症の事は何も分かりません)
実家で暮らしていて、ご両親に大変、可愛がられていて、食事もしっかりと健康的に取っています。

もう一人、診断はうつ病
この人も、ある日、自分で一気断薬しましたが、離脱症状はなく、どんどん動ける様になりました。

こうやって離脱症状がない人もいる事により、なかなか理解もされず「気の持ちよう」などと言われるのではないかと思います。
実際、うつ病の診断の知人が断薬した時、私は相当、悩み、追い込まれました。

私が思うに、身体がしっかりしていれば、離脱症状は起こらないと思っています。
パニック障害自律神経失調症とか、元々、身体に症状がある人は、離脱症状が起きるのではないかと思っています。


元々の症状にプラスされ、西洋薬を飲んだ事により、身体が重たくなったり、眠気が酷くなったりして、あまり外に出なくなる。

家に居る時間が増えると、気分も沈み、さらにうつ状態になっていく。

どんどん引きこもる。

身体の、気・血・水の巡りが悪くなる。

巡りが悪くなる事で、薬の効き目が悪くなる。
お酒の酔いもイマイチ(完全に私の場合です)

薬の量が増える。
お酒の量も増える。

寝たきり。

↑ざっとこんな感じで薬の量も増えていくのかな?って思いました。
漢方薬を飲んで、身体の巡りが良くなるにつれて、お酒は少しの量で酔うようになりました。
減薬中も、自然と薬がいらなくなる感じで、なんでこの量でぐっすり眠れるんだろう?って思ったりしていました。


どうやって本来の自分を取り戻すかは、本当に人それぞれで、私の場合は漢方薬でした。
かこさんのブログにコメントをしてくれた方の中には栄養療法やサプリで救われたと言う方もいらっしゃいました。
どの方法が自分に合うかも人それぞれです。

少しずつでも、外を歩いてみるとか、食事を見直すとか、自分ならこれは出来そうと思った事を毎日、続けていく事が大事だと思っています。

離脱症状や元々の症状を改善していくのは本当に長くて辛いですが、良くなるんだと信じる事も大切だと思います。


今回は、かこさんのブログに載せてもらったと言う事で、少し真面目に書いてみました。
精神薬の事、離脱症状の事はもっと日本全体で考えていかなくてはいけない問題なんじゃないかと思います。


私のブログやTwitterは、あくまでも私の経験、私の考え、思った事を発信しているだけで、心療内科、精神科を全て否定している訳ではありません。
減薬、断薬をしなくてはいけないとか言っていません。
漢方薬を絶対に飲まなくてはいけないとも言っていません。
私は、自分の知っている事しかお伝えする事しか出来ませんm(__)m

 最後まで読んでくれて有り難うございますm(__)m




こんなのも書いてます⇩

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com