読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そろそろ健康になります

もう一生、治らないと諦めていた病気が完治しそうになってきた。パニック障害、うつ病、毒親(毒姉)育ち、きな子の過去とこれからの事を綴る。

精神科 心療内科へ通院していろいろあった13年

ブログ パニック障害 うつ病 ヒステリー球 毒親 精神薬

私は子供の頃から過呼吸や予期不安、広場恐怖がありました。
体もダル重かった。

きな子の自己紹介はこちら⇩

kinako2017o.hatenablog.com

今から約13年前、初めて心療内科へ受診しました。

 

この頃、毎日、夕飯を食べる前や寝る前に過呼吸がありました。
結婚もして、家事に仕事にその頃は毎日楽しかったです。(悩みは沢山あって死にたい気持ちはずっとあるけど)
でも過呼吸が本当にしんどくて。
ネットでいろいろ調べて、これは心療内科に行けばどうにかなるのかもしれないって思い、受診する事になりました。
診断は「パニック障害」「うつ病」。
初めて処方された薬はパキシルでした。
これを飲んだら私は治るんだ‼︎ってそう思っていました。
毎日、真面目に飲みました。
数週間、飲んだのか1ヶ月飲んだのか期間は覚えていません。
副作用で乳汁が出てきました。
もうビックリです‼︎
勿論、妊娠はしていません。
心療内科の先生に言ったら「珍しいねー、〇万人に1人の確率でなる」(何万人って言ったかは覚えていません)
って言われて、パキシルがダメならって事で、違う薬がでました。
(かなり前の事で何錠出たのか、何を処方されたのかは覚えていません)
また、毎日、真面目に飲みました。
すると、足がなんだかそわそわして、その場に居られない感じじっとしていられない感じがしていました
仕事は早退したりで迷惑がかかったと思います。
また、これを先生に言うと
あー、アカシジアだねー。薬の組み合わせが悪かった。だけど珍しいねー」って言って、また違う薬が処方されました。多分、どんどん増えていっています。
眠剤も出てたし、子供の頃から便秘だったけど、薬のせいなのか、さらに便秘になっていた様な気もして、下剤も出されていた。
この頃は生理痛も酷くて、鎮痛剤は飲んでもいいのか聞くと「大丈夫。なんならだそうか?って言っていました。
今、思うと私は本当にバカだった
でも、この頃は必死でした。
お医者さんの言う事は正しいし、病院は病気を治してくれる所だと思っていました
今みたいに、精神薬はあまり飲まない方がいいとかの情報も入ってきませんから。

通院し始めて、どれくらい経ったのか覚えていませんが、仕事も辞めました。
完全に家に引きこもり状態になってしまいました。
この頃からほぼ寝たきり状態です。
元々、体は重だるい状態でしたが、さらにしんどくなり、動けませんでした。
家事なんてなにもしません。
お酒ばっかり飲んでましたね。
旦那には、本当に苦労をかけてしまいました。
私は毒親と毒姉の事でもいろいろあったし、旦那も疲れてしまい、体を壊していたと思います。
結婚して5年で離婚しました。

 

離婚して一人暮らしですが、離婚する少し前から喉に異物感がありました。
飲み込むと喉の異物がヒラヒラするんです締め付けられている感じもあって、酷い時はお茶すら飲めませんでした
一人暮らしですから、働かないといけなくて、もう倒れそうなんですが必死に働いていました。
この喉の異物は、精神科(心療内科から、大きな病院へ転院させられています)の先生に言ったら、耳鼻科に行く様にいわれ、耳鼻科へ。
鼻からカメラを入れて喉を診てもらうも「何もないよ」って事でした。
精神科の先生に結果を伝えましたが、「ちゃんと診てもらいました?分からないなー」って言うだけでしたね。
半年くらいかな?この喉の異物感についてネットで調べていました。
まだ、この頃は調べても調べても情報がなくて、やっと「ヒステリー球」って言うのをみつけました。
自律神経の乱れからなるって言う内容でしたが、見つけた時は、これで何とかなるかも‼︎って思って、すぐに先生に言いましたが、「そんなインターネットに書いてある事なんてウソか本当か分かりません。誰が書いているかも分からないことは信用できません‼︎」とバッサリ言われました。
どうにもなりませんでした。
ご飯も食べられなくて、この頃の体重は35キロでした。(身長150センチ)食欲を出す為にドグマチールが追加。
ドグマチールを飲むとお腹が空いて食べられる様になりましたが、またパキシルの時の様に乳汁が出たのでやめました。
また、食べられなくなりました。
ある日、診察中に倒れそうになり血液検査をしました。
栄養失調でした
先生が親の電話番号を聞いてきて、イヤイヤ教えた。
先生が親に説明をしていました。
「生きるか死ぬかの問題ですから」って言っていましたね。
先生から「1ヶ月でもいいからお母さんの所へ帰った方がいい。薬はだすから」って事で私は1週間だけ実家へ。
実家って大阪なんですが、当時、私は広島に住んでいたので、しんどかったけど、大阪までいきました。
この1週間の間に母から「先生も生きるか死ぬかって大袈裟な」「そんな変な薬はやめなさい」「そんなものは気の持ち様だ」「あんたと生活したらぶん殴って、その辺、引きずり回してやる」などと言われていました。
親には頼れません。
まぁ、うちは毒親で今までもいろんな事がありましたから頼ろうなんて全く思っていません。

でも、この頃の私は母の事は嫌いだけど、それでも母に好かれたいってずっと思っていました。
薬はやっぱりやめた方がいいって思い、何錠飲んでいたのか覚えてはいませんが、いっきに断薬しました。
離脱症状があるなんて知りませんでした。
もう、死ぬのかと思いましたね。
目眩や吐き気や、もー沢山の症状が出て来ました。
不安感なんて、今まで以上にあるし。
アカシジアも出たし。
眼球が兎に角、痒くて痒くて。
外、歩いても転んでしまいそうで本当に怖かった。
パニック障害の症状が悪化したんだと思いました。
断薬は、1ヶ月も続かなかったですね。
でも、何となく元の病院には戻りたくなくて、初めて受診した心療内科へいって、今の状態を説明しました。
薬の内容は、変わりましたがまた処方してもらいました。
先生は、離脱症状があるとは言いませんでしたが、「こう言う薬を飲んだり飲まなかったりしたら、死ぬ‼︎」って言っていました。
この時に、私はもう一生、精神科へ通院して一生、薬を飲まなくてはいけないのかもしれないって思いました


広島で一人暮らしから1年くらい経って、いろいろ考え大阪へ来ました。
勿論、一人暮らしです。
親にはほとんど会いませんし、今はもう6年間くらい音信不通です。
大阪へ出て来て、また新たに精神科へ通院。
百貨店で販売員をしていました。
仕事は楽しかったし、よく頑張っていたと思います。
家では寝たきりですけどね。
私は、パニックの発作を抑えて、夜は眠れて、兎に角、仕事が出来ればそれでいいって思っていました。
この時の処方は
頓服 ソラナックス
毎食後 デプロメール
眠剤 ハルシオン2錠 セロクエル?錠
吐き気止めで ナウゼリンプリンペラン

吐き気止めの薬なんて全く効かないのと、デプロメールは飲みたくないってよく先生に訴えていて、「飲んだ方がいいんじゃないですか?」って言うやり取りをしょっちゅうしてました。
ここの病院は、薬を決める時まるでカフェで飲み物でも注文するかの様に、薬のメニュー表みたいなのを出して「薬、どれにしますか?」って…。
なんなんだろうな…。
2年くらい通院して、他の病院へ転院しました。
転院先の先生は、今までの先生より優しい先生デプロメールも吐き気止めもいらないですと言うとやめてくれました。
話も割と聞いてくれるし、もうずーーと通院するならここでいいやーって感じでした。
まぁ、諦めですよね。
なので、頓服にソラナックスと睡眠剤ハルシオン2錠か3錠、セロクエル1錠だったと思います。
この処方を約5年くらいで、漢方薬を飲み始めて昨年の2月くらいから勝手に減薬していき、11月1日に断薬しました。

いろいろとありすぎて、かなり省いています。
これでも相当、ザックリです。笑
自分でも、結局、何を言いたくて何を伝えたいのかイマイチ分からない状態です。


今、漢方薬局で丁寧に説明をしてもらいながら治療をしていて、元気になってきましたがこれが本当の治療だよなって思います。



インターネットは信用できないと言った女医さん、突然「もう会うこともありません」と言って病院やめたなー。超、無責任。
他の先生は今も病院で働いていると思う。
どんな顔して、どの様に過ごしているんでしょうね
元気になった私の姿をみせてあげたいなー


今は処方する薬の量も決まって、大量に処方するとかないみたいなのかな?
精神科や心療内科も変わってきているのかな?
まぁ、どこの病院でどんな治療するかは人それぞれですからね。
私は、やっと断薬できたので体調悪くなっても精神科の薬は飲まないな。
まだまだ、完全に元気になってはいませんが、本当に本当に長かった13年でありました(*'ω'*)

毒親と毒姉のことは、最近あまり思い出せなくなっているんですが、また書きたい気持ちが出てきたら書きたいと思っています。


長くなりましたが最後まで読んでくれて有り難うございます_(._.)_

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com

kinako2017o.hatenablog.com